水シミュレーション

昔販売されていた AQUAZONE 風のゲームを作ろうと思い、仕様を練っています。アクアリウムの主役は「魚」ですが、シミュレータの仕様を決めるにあたってキモとなるものは、タイトルにある通り「水」(水質)です。

そこで AQUAZONE ではどうなっていたかアプリを実行して確認してみました。

AQUAZONE ではこのように水質の情報を見ることができます。今回は新しい水槽を立ち上げたときのパラメータを確認しておきます。

ラベル名称初期値最小値最大値
Temp/℃水温26.5 ℃0.050.0
pH水素イオン濃度7.00.014.0
GH総硬度4.00.020.0
O2酸素8.000 mg/l0.010.0
CO2二酸化炭素15.000 mg/l0.0100.0
HNO3硝酸0.000 mg/l0.0100.0
NH3アンモニア0.000 mg/l0.010.0
Cl塩素1.100 mg/l0.020.0
Mgマグネシウム0.000 mg/l0.0300.0
Caカルシウム42.000 mg/l0.0300.0
Proteinタンパク質0.000 mg/l0.0100.0
Carbohydrate炭水化物0.000 mg/l0.0100.0
Fat脂質0.000 mg/l0.0100.0
Vitaminビタミン0.000 mg/l0.0100.0

現実で水槽を管理するときに気を付ける成分以外にも、食べ物に含まれる成分(タンパク質・炭水化物・脂質・ビタミン)が細かくパラメータ化されていました。これは餌が水質に与える影響を計算するためでしょうか。自分が考えていた仕様よりも細かい。。。他に気になるのは最初から水温が 26.5 ℃ で温水を汲んでいるのかとか、塩素濃度が 1.100 mg/l で国内では超えないようにされている目標値の 1.000 mg/l を超えている点とか。

水温は水換えのたびに調整するのは面倒そうだし、塩素濃度は薄すぎてもゲーム性が欠けるというのもあり、単純に現実に合わせればいいというわけでもないのでどう調整しようかといったところ。。。